真氣光をしっかりと受けていくこと

 先週末、私は福岡・志賀島での真氣光研修講座を終え、翌日金沢での体験会とセッションに回らせてもらいました。
コロナウイルスが世間を騒がせている状況で、普段通り何事もなくスケジュール通りに物事が進められることは、本当にありがたいことです。
特に今回の志賀島での研修講座は351回目の開催、ちょうど研修講座30周年となった記念すべきものでした。

 1回目の研修講座は、1990年3月17日~23日、伊豆下田にあった沖ヨガ道場で医療気功師養成講座として42名の参加で開催されました。
最終日までには全員が氣を発することができるようになったという参加者の体験記が月刊ハイゲンキに載っています。

 私にとっては、記念すべき講座が、この時期に福岡・志賀島という場所だったことも印象的でした。
島国日本において、昔から大陸との往来があった場所です。
鎌倉時代、蒙古襲来の折り、神風が吹いて阻止されたという話もありますが、当時の武士達にも多くの犠牲者がでる中、侵略を防御したということだと思うのです。
そこには、敵味方、多くの辛く苦しい魂たちが関係しています。
志賀島での研修も7回目、多くの魂達に真氣光の光が届き、私たちを見守る存在になってくれました。
私は、ここでご縁があった魂たちに、この大陸発の困難に多くの力を貸していただけるようお祈りしたのでした。

 ところで、私たちの体もマイナスの氣によって、免疫力が弱くなったり、痛くも無いところが痛くなったり、変形したり、異常な細胞ができたりするのですから、今回のウイルス遺伝子の変異によってできたコロナウイルスも、私はマイナスの氣が強く関係していると考えています。
大陸から入って来たウイルスで、世の中がたいへんなことになっていますが、ここから私たちの意識も大きく変えなければいけないのでしょう。

 人は大きな問題や困難が目の前を塞いだ時、思い悩み、不安や恐怖、辛さや苦しさなどマイナスの感情に占領されます。
そこから、いま出来ることに目を向け、どのように対処していくのか、前向きな姿勢に戻すにも体の中に氣のエネルギーが必要で、その氣を補ってくれるのが宇宙からの真氣光のエネルギーです。
ですから、たいへんな状況に追い込まれている時に、辛抱を続けながら諦めずに真氣光をしっかりと受けていくことです。
そうすると、いつかマイナスの氣にも光が届いてプラスの氣に変わり、後になって考えてみると、たいへんなことだったけれど、こんな意味があったのだと気づけ、その時に初めてマイナスの氣は悪者ではなく、人類にとって意味のあるものだったと思えるようになるのでしょう。
明日開催する真氣光レッスンでもお話ししたいと思います。

 

今日から新しい1日が始まる

福岡・志賀島の真氣光研修講座に参加しました。
帰ってきて我が家で迎えた最初の朝です。
爽やかで身体全身が軽く、みなぎる力が湧いてきて、「今日から新しい1日がはじまる」と感じています。
息子の命日を研修最終日に迎え、たくさんのエネルギーを届けて頂き、息子と向き合うための最高の時間を過ごさせて頂きました。
忘れる事のできない貴重な3日間でした。
会長、諸先生方、スタッフの皆さん、参加された皆さん、ありがとうございました。
そして、研修講座後、注文していたハイゲンキ6型をお持ち帰りさせて頂き、娘にサプライズでプレゼントしました!届くのは4月の上旬と聞いてましたが、ありがとうございます。
娘はとても喜び、即、通電し氣を受けながら、「会長に会いたいなぁー!」と言っていました。
その後、大事そうに部屋に持っていきました。
今朝も、今までにない優しい空気の中、娘と穏やかで楽しく笑いながらの会話ができました!何かが違う‼ハイゲンキ6型の影響でしょうか!?凄いですねー!ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
(長崎県 奏さん)

自分のエネルギーが底上げされたから

私は鍼灸の仕事をしています。
毎週センターを訪れ、集中して真氣光のエネルギーを充電しています。
また、毎月の会長セッションも必ず受けるようにしていて、仕事などで都合が悪くなった場合は遠隔で受けています。
以前は、とても疲れていて体調が悪かったので、真氣光のエネルギーを受けると、いつも体が楽になるのを感じていました。
今は、特にそういったことも感じなくなったのですが、それは自分のエネルギーが以前より底上げされているからだと思います。
氣を受けることは、自分の中から「そうしたい」という気持ちが湧き起こってくるので、素直にそうしています。
仕事をしていても、忙しくても、以前のように体調が悪くなることはありません。
そして、ここ最近のコロナウイルス騒ぎにも拘らず、私は、お客様も、仕事も、減ることはありません。
ありがたいことです。
(東京都 Mさん)

父がくれたプレゼント

父が2月半ばに亡くなり、一人っ子である私は高齢の母をサポートして、通夜。
葬儀を行いました。
私はここ20年以上、私なりの勝手な理由で、父方の親戚とは交流をしませんでした。
父方の親戚は優しくよい方たちばかりです。
罪悪感にかられながらも、なぜか親戚と会う気にならずに、もう最後までこのままでいいと思っていました。
ですので、親戚が弔問にくると連絡があったとき、とても戸惑い、ちょっと厳しい場面をあらかじめイメージしてショックを受けないように構えていました。
ところが、来てくれた親戚はとても優しく、思いやりのある言葉をたくさんかけてくれて、心からねぎらってくれました。
私も自然に明るく対応ができ、自分勝手なわだかまりも全く消えていて‼今後よい交流ができそうな嬉しい見通しとなりました。
きっと真氣光で、私や家族、家系にたくさんのエネルギーが届いたから、見えない世界からの助けが増えたのだと思います。
父からはたくさんのステキな思い出をもらいましたが、このことが、この世で私に残してくれた最後の大切な「プレゼント」になりました。
父と、私の周りのすべての皆さんに深い感謝を捧げます。
(福岡県 Nさん)

心のあり様がすべてを決める

病は自分を見直すチャンスです。
生き方、考え方を変える機会を与えてくれます。
前向きに捉え、取り組んでいけるか否かで、すべては決まります。
心が光り輝いている人は洗心を心がけ、氣の充電にも努めて、成長へ繋げることができます。
氣づき、感謝が頂け、他を思い、実践にも取り組んでいけます。
すべては心が引き寄せたもの、正しき心でチャレンジすれば、乗り越えていけるのです。
(新潟県 Sさん)

真氣光レッスンで、更なる光を集めよう

 コロナウイルスの感染拡大で、毎日ニュースに釘付けの方も多いのではないでしょうか。
日々感染者数が増えていますので、予断を許しません。
今や中国から近隣諸国へ、そして欧米など世界各国に飛び火し、あっという間に世界を大混乱の渦に巻き込んでいます。
私は先々週と先週14日までの会長セッションを中止にしましたが、その後は通常通りで、昨日からは、福岡は志賀島での真氣光研修講座のために、こちらにやって来ています。
感染の防止には人に会わない、つまり出歩かないことですが、それでは生活が成り立ちませんので、やはり手洗い・うがいはもちろん換気などにも気を付け、出来る対応をしっかりやって、氣を下げずに乗り切るしかありません。
1/31のこのニュースでも書きましたが、気持ちが不安になるなどしてマイナスの氣の影響を受け、氣のエネルギーが下がると免疫力が落ちてしまいますので、そうならないように注意が必要です。

 ところで1/31号で、息が出来なくなる時の恐怖とマイナスの氣の話を書きましたが、最近では祈っている人がマイナスの氣となって出てくることがあります。
手足や体の一部が痺れる・痛む・こわばる・冷える等の症状の人に氣を送っている時に出て来る魂ですが、正座して手を合わせ腕や手が硬直したような状態で一心不乱に祈っているのです。
昔、疫病などが流行り、多くの人が亡くなっています。
今では、科学的分析や医療の発達によって、ウイルスの遺伝子解析、ワクチンの開発、病気治療等いろいろな手が打てますが、そういうものが無い時代には、ただひたすら祈ることしかなかったように思います。
感染するかもしれない恐怖から逃れるために祈り、他者ばかりではなく自分をも死から守るために祈り、神頼みではないですが、世界中にたくさんの祈りがあったことでしょう。
祈ることは素晴らしいことですが、極度に体への負担があると、その辛さ苦しさが記憶の中に強く残ると同時に、神を信じていたのに神を見出せずに味わう失望や落胆、裏切られたような憤り、悲しみ等、様々なマイナス感情によって、魂の光を失いマイナスの氣となってしまったものも多いのではないでしょうか。

 このようなときだからこそ、マイナスの氣も浮き上がりやすくなっており、自分を中心に光を集め、出来るところから周りへも光を送る必要があります。
私は、来週3/28の真氣光レッスンを「コロナ対策ー自分と周りに更なる光を集めよう」と題して開催することにしました。
年末にやっている真氣光メンバーズの集いのように多くの方の参加によって氣のエネルギーを集めたいと思います。
ご家庭でも視聴できますので、ぜひ御参加ください。

第一志望の会社の内定を頂けました!

第一志望の会社の内定を頂くことができました! 就職活動やサークルの公演などで忙しくなかなかセンターに行けていませんでしたが、疲れた時は自分で氣を受けたりペプチミンを飲んだりして氣に助けられながら生活しています。
今は、昨年12月からずっとやってみたかったアパレルの販売員のアルバイトを始めて、楽しく仕事をしています。
また、着物のイベントや古着の仕分け作業などを行っているファッション関連の団体に入ろうと考えています。
落ちついたらセンターにも行こうと思っています!
前までは毎週真氣光のセッションを入れてもらわないと疲れが取れないぐらい体が疲れやすかったですが、最近は体力がついて、前の自分では考えられないくらい活動的になりました。
それも真氣光のおかげだと思います!
いつもありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いします。
(東京都 Nさん)