(75)やめろ、光を増やすな!

 

 私は、月に一度のペースで全国の真氣光の会員を中心に、いろいろな人に氣を送っています。
その中には、氣を受けると反応して、その人に影響を与えている魂が、その人の口を使って話し始めることがあります。
自分の苦しみを少しでも分かってほしい、ラクにしてほしいと、氣を受ける人の体を辛くさせることもあります。

 私は、苦しみを訴える魂に氣が届くと穏やかになり「光が見えて来た」と消えていくことから、どうやったら早くラクにできるのか?セッションの後も潤沢な氣が届くようにするにはどうすればよいか?と、「氣が出るモノ」を少しでも強力にしようと改良してきました。
そうしているうちに、「やめろ、これ以上、光を増やすな」と真氣光の光を嫌がる魂が出てくるようになったのです。
マイナスの氣の中には、「いつまでもその人から離れたくない」「その家系を恨んでいて不幸にしたい」…等と奥の方に潜む魂もあります。
氣を受ける人に真氣光のエネルギーが浸透していくと、彼らには、思うようにならなくなる、あるいは光に吸収されてしまうという危機感が出るのです。
また彼らは、極端に光が増えているから危機感を持つのです。
私の氣を受けるセッションだけなら、その時にしか光が入りませんから、月に一回…せいぜい増やしても2、3回でしょう。
しかし、先代は白髭の老人によって、氣中継器ハイゲンキに加え、いろいろな氣グッズの作り方と、それらを足し合わせて使うと良いと教えられました。
私もこの原理を利用して高密度化することで氣グッズを改良してきました。
このような真氣光のシステムでは、簡単に10倍…100倍…にすることが可能になるのです。
マイナスの氣にとっては、光が極端に増えること、さらには各種プレート類やプレートブースターなどの氣グッズのように、24時間途切れることなく真氣光のエネルギーが向かって来るもの、それが最も嫌なのです。

 ところで、嫌がるマイナスの氣が画策することによって、一見悪い反応つまり好転反応が出ることがあります。
ここで注意したいことは、マイナスの氣は脅かされると思うからこそ必死で抵抗するわけで、真氣光のエネルギーが来ること、そしてそれによって味方のマイナスの氣がパタパタとプラスの氣に変わって行かれては困るのです。

 好転反応の最中は、気持ちもネガティブになりがちですが、そこでマイナスの氣を集めることになっては、事態は長引くばかりで、形勢を逆転したいマイナスの氣の思う壺です。
こちらはどんどん強気で行くしかありません。
影よりも光が強いのです。
気持ちをしっかり持って、確実に真氣光を取り入れることなのです。

(74)騙されて連れて来られた

 今週の私は、日曜日に石川県は羽咋郡志賀町での真氣光研修講座から東京に戻り、名古屋、大阪とセッションで回って来ました。
今では何処に行くのも飛行機や新幹線で、寝ていれば連れて行ってくれますから、ありがたいことです。
 ところで、今回の受講生の中には3月の志賀島、5月の安曇野、そしてこの6月の石川と、3つの研修講座を受講された方もいらっしゃいました。
これらの土地は、安曇族という大陸から渡って来た人達に関係が深い所だそうです。
私が真氣光を送ると、既に亡くなっている全く別人格の魂が、氣を受けている人の口を借りて、出てくることがあります。
今回の石川での研修講座でも、大陸をずっと歩いて来たので足が痛くてもう歩けないと言う魂、元もと居た人たちとの争いで傷ついた魂、中には騙されて連れて来られたという魂もいました。
「こいつに騙された、良い所だと言うから来る決心をしたのに、悔しい」と訴えるのですが、どうやら氣を受けている人の先祖に良いように言われたらしいのです。
昔ですから、別の所から違う場所に移動して来て住み着くということは、たいへんなことです。
電車や車、引越のためのトラックがあるわけでもありません。
今のような情報があるわけもなく、まったく見知らぬ土地に行かなければならないのですから、さぞかし「行くべきか止まるべきか」悩んだことでしょう。
悩んだ末に、渡って来ているということですから、それ相応の理由があったはずです。
確かに良いように言われたのかもしれませんが、きっと止まることもできなかったのでしょう。
私は、「そこに止まっていたら、もっとたいへんなことになっていたかもしれなかった。さらには今こうして光に出合い、楽になることができたのも、日本にやって来たからだ」と説明したのです。
最後には彼らも納得しれくれたようで「光が見えて来た」と言い消えて行きました。
 時代が変われば移らなければならない理由も変わります。
食べ物を探して、土地を求めて…、上の位の人からの命令によって一族が動かなければならなかった、地位を追われて、戦に敗れて隠れるように…ということや、行き場が無くなって…ということもあったでしょう。
さらには来てはみたけれど、誰も居ないようなところですから、住みやすいはずはありません。
たいへんな苦労が待ち受けていたのだと思います。
日本の各地には、移り住まなければならなかった人の悲しい歴史があるものです。
研修講座を日本の各地で開催していますが、毎月そのような悲しい氣にも真氣光が届き光に変わっているのです。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(73)勝つか、負けるか

 私が真氣光のエネルギー(氣)を送っていると、氣を受けている人の口を借りて、既に亡くなっている人が苦しみを訴えるようにして出てくることがあります。
その日はセッションだったのですが、私は、すっかり疲れてしまったというA子さんに氣を送っていたのです。
A子さんは、氣を受けるうちに苦しそうな顔になり、武士のような口調になって話し始めました。
「負けるわけにはいかない」という言葉から、どうもその魂は戦い続けているようなのです。
昔は、戦に勝つか負けるかで、大きく運命が変わってしまいました。
戦っている本人ばかりではなく、一族皆が、負けてしまっては、たいへんなことになるわけです。
自分の為というよりは、周りの人の為に絶対に負けるわけにはいかなかったのでしょう。
その強い気持ちが、大きな苦しみとなり、体が無くなった後、魂の光を失い、マイナスの氣となって暗いところに行くことになってしまったようです。
「もう、戦いは終わった」と伝えても、なかなかそれを受け入れられませんでした。
しかし、私が氣を送っていると、その魂はだんだん楽になるのと同時に、心に余裕が出てきたのか、人の話を聞けるようになり、最後には「光が見えて来た」と言って逝かれたのでした。
 セッションの後、私は氣を受けていたA子さんに、少し話を聞いてみました。
彼女は、仕事で相当なストレスを抱えていたようです。
辛い仕事でも負けてはいけないと、心を奮い立たせるようにしてきたと言います。
何事も適当にはできず、どちらかというと完璧にしないと気がすまない性格なのですが、自分自身の目標が高すぎるのか、いつも自分が出来なかった反省や、悪い所ばかりが頭に残ってしまうそうです。
そのようですから、周りの人にも、つい完璧を求めてしまい、出来ない人を咎めてしまったり、いろいろな人に対して不満をたくさん抱えていたようなのです。
家の掃除もしたいのだけれど、疲れてしまって全く手につかないと言います。
 目標を掲げて全力で努力することは、とても良いことですが、それだけでは疲れてしまいます。
全力で向かう時はもちろん、力を抜く時や、楽しめる時もあり、そのようなバランスつまり適度な加減が必要です。
また氣の観点から、いつも0か100のどちらかではなく、10でも半分でも、出来た分だけプラスの氣になるのです。
 思うようにできない人は、マイナスの氣の影響があるかもしれません。
しっかりと真氣光を受けることと一緒に、自分の出来たところに着目しながら、少しずつ上を目指して努力していただきたいと思います。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(72)強く大きなプラスの氣の存在

 先代が亡くなった後、私はいろいろな人に、あちらこちらで真氣光という氣のエネルギーを送ってきました。
既に20年を越えましたが、どれもこれも私にとっては貴重な体験の積み重ねです。
この氣を受けると、咳やあくびが出たり、時には涙が出ることもありますし、そのような体に表れる反応ばかりではなく、その人に影響を与えている霊的な存在が、氣を受けている人の口を借りて出てくることもあります。
しかし、何故そのような反応が出るのかということを、私は、ある時期まで深く考えたことはありませんでした。
先代の話では、「体の中にある悪い波動(マイナスの氣)が口から外に出ることがある」ということでしたから、「反応はマイナスの氣の影響で、勝手に出てくる自然現象だ」とぐらいに思っていたのです。
しかし、ある時期から、考え方が変わりました。
いろいろな反応は、それを出させている存在があるということなのです。
つまり、「何とか分からせよう」、「気づかせよう、気づいて貰いたい」という意図を持った何ものかのコントロールの結果ということなのです。
ではなぜ、そう言えるのでしょうか?
 これまで、たましいの話として、既に亡くなった人が氣を受ける人から出てきて語ったことを説明しました。
例えば、自分のために人の体を利用しようとする魂、恨みを持っているために苦しませようとする魂、特別な意思もなく良く分からないまま引きつけられた魂等々、これらの中には、とても暗く重いマイナスの氣もありましたが、真氣光のエネルギーを送るうちに、すべては「光が見えて来た」と言って消えて行ったのです。
どんなにたいへんな反応であっても、「必ず時間とともに収束していく」ということです。
これは、いつものことなので当然だと思いがちですが、決して当たり前なことではありません。
つまり、マイナスの氣の反応が出てきた時点で、強く大きなプラスの氣の存在のコントロール下にあるということなのです。
 私たちは、マイナスの氣の反応が出てくると、マイナスの氣のことしか注意を向けられなくなる傾向にありますが、その蔭には、このような絶対的なプラスの氣があるのです。
同じように、真氣光を知るようになったことも、真氣光を何か信じてみようと思った体験も、氣中継器ハイゲンキを購入するようになった経緯も、プラスの氣の大きな影響と言えます。
 そのように考えると、真氣光というエネルギーは、ただ宇宙に漂っているものではありません。
気づかせたい、人として成長して欲しい、という意思を持って送られてくるのです。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(71)居心地が良くて離れたくない

 私たちは、毎日、いろいろとやらなければならないことがあるものです。
時には、それがストレスになるということがあるかもしれません。
しかし、それを一生懸命やっていることで、少しずつ魂が持つ見えない光のようなエネルギー(氣)を強めることができるのです。
一見良くないことが出てきても、逃げることなく前向きに、乗り越えようとすることです。
 私は、適度なストレスは私たちのためになるものだと考えています。
以前に、それに関係する魂に、遭遇!?したことがありましたので少し説明しましょう。
会長セッションで、ある人(Aさん)に真氣光を送っていたところ、影響を与えていると思われる魂が、Aさんの口を借りて出てきたことがありました。
その魂の話によると、氣を受けているAさんが「好きなように毎日を生活しているから、居心地がとっても良く、どうしても離れたくない」と言うのです。
もう自分は死んでいるのは分かっているのだけれど、自分が夢見てきた快適な生活が、Aさんと一緒に居ると過ごせる、というのです。
私が、「どんなことなのか」と聞くと、「何の心配やストレスもない、自分のペースを決して崩さない、誰にも氣を使わない、時間に遅れても平気、毎日が自分の思うとおり、遊んで暮らすような生活だ」と言うのです。
苦しいことや辛いことがある魂は、私が真氣光を送ることで楽になり、光の良さを理解して「光の方へ行く」と、より高い次元に進んで行くのですが、その魂は特に辛いこともないようで、なかなか動こうとしません。
しかし、だんだんに真氣光のエネルギーが浸透したのか、「もっとやらなければいけないことがあった」と言い遺して消えていきました。
 確かにAさんは、会長セッションにも遅れてやって来ていましたので、私はセッションの後に「氷山の一角」の話をしたのです。
簡潔に言うと「影響を与えていた魂は、居なくなったけれど、これは氷山の一角のようなもので、同じような魂は出てこないだけで水面下にたくさん存在していると考えられる。
だから、今の体験(魂の話)からヒントを得て、自分の生活を見直し、気づいたところから自分で変えていこうとしないといけない。
それをすることで、自分の魂に光が増え、本当の意味で影響を受けなくなる」ということです。
 私たちは、過度なストレスが加わると、身も心もボロボロになってしまいますが、適度なストレスは魂の光を増やします。
ときに真氣光のエネルギーは、過度なストレスも適度にしてくれるのです。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(70) 許せない心

 私が氣を送っていると、時に氣を受けている人の口を借りて出てくる魂がいます。
彼らの中には、もう何百年も前に生きていた人達がいて、その多くは裏切られたこと、やられたことが「許せない」と、子孫に矛先を向け「思い知らせてやる」とばかりに、良くないことを次々に起こすのです。
しかし私が真氣光を送るうちに、その人達にも目には見えない光のようなエネルギーが届き、そのうちに許せない気持ちが少しずつ変わって、申し分けなかったと最後には「光のほうに行く」と消えていくのです。
 ところで、許せないと思うことが、もし何のわだかまりもなくすっきりと許せたのなら、どんなに良いかと思うことは、誰にでもあることでしょう。
そして、その許したいことの重さは、人によって違っているのです。
とても酷いことをされ、どうにもならない程の心の傷、そして体の傷まで負ってしまって許せるはずなどない場合は、どうすれば良いでしょうか。
本当に、本当に辛いことではありますが、冷静になって考えてみるのです。
その許せない気持ちは、あなたにとって今を生きるのに、そしてこれからの未来に必要なものなのでしょうか。
それがあなたに幸せやプラスの思い、プラスのエネルギーを与えてくれるものなのでしょうか。
少しでも違っているかもしれないと思うなら、許せない気持ちとは、すぐにサヨナラするべきなのです。
でも、これからが難しいのですが、忘れたくても忘れられない、許したくても許せないというのが実際の気持ちで、誰でもがそのことで苦しんでいるのです。
では、この辛い思いは、どこから来るのかを少し考えてみましょう。
「過去に起きてしまった出来事で辛く忘れられない体験をしてしまった、それも自分のせいではなく誰かのせいで・・・なぜそうなってしまったかは、わからない。自分の側に少しの落ち度があったかもしれないが、そのようなことになる程の原因とは思えない」みんながそう思うでしょう。
でも自分の知らないところで、見えないところで、いろいろな事が関係して物事が起きているとしたら、全く受け入れられないことでもないのです。
見えない氣の領域まで拡大して考えると、いろいろなことが見えてきます。
前述した魂達のように、あなたの先祖に強い許せない気持ちがあることで、同じような気持ちをわからせたいと仕向けられていることかもしれません。
だから大変かもしれませんが、それはそれとして受け入れ、自分の人生にとって良い方向に行けるように気持ちを切り替えることが、とても重要なことなのです。
さらに真氣光を利用しながら、努力してみることで、関係している魂達にも氣が届き、気持ちも切り替わりやすくなるのです。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(69)いろいろなことを自分の氣づきのきっかけにする

 真氣光研修講座や私のセッションで、集まっていただいた方の中には、真氣光を受けるうちに、その人とは全く違う人が、その人の口を借りて出てくることがあります。
集まる人たちにも必ず見えない部分での縁がありますので、時には会場のあちらでもこちらでも似たような御先祖が、苦しみの声を上げるということもあります。
時には歴史的に有名な人の名を語ることもあったりすると、そのことだけに興味を持つ人や妄信する人、見えないエネルギーが恐いとか怪しいなど、そんなものに関わりたくないと身構えてしまう人、いろいろな人がいます。
私は、その人の語る名前が「嘘なのか本当なのか、どちらでもいい」という立場でお話を聞くようにしています。
名前がどうであれ、その人の苦しみや辛さなどを感じることで、“自分に必要な氣づきが与えられるはずだから聞くことになっている”と考えるからです。
私が、研修講座やセッションで個人ではなくグループで氣を受けてもらうようにしているのは、一人の癒しや氣づきが、その場にいる他の人にもプラスに働く、つまり相乗効果というものが大きいと考えるからです。
 見えないエネルギーの中に思いのエネルギーというものがあります。
例えばある人のことを思い出していたら、その人から電話がかかってきたり、会うはずもない場所でばったり会ったり、そんな経験は誰にでもあるでしょう。
見えないエネルギーというと何か怪しい感じがして信じられない人がいるかもしれませんが、これも見えないエネルギーの作用の一つです。
では、強く思えば、念ずれば何事も思い通りに行くのでしょうか。
残念なことにそう都合良くはいかないものなのです。
思いの中でもどんな思いなのかということが一つのポイントになってきます。
先に言ったように、たまたま偶然のようにして起きたことも、その人にとってこの先重要なことであり、そこから何かに気づくということでもあるのです。
そして、その時どのような感情を持っていたかということも重要なことなのです。
良い思いだけではないかもしれません。
何かしらのマイナスの思いがあったかもしれません。
それをヒントに何かに気づくということが大切であり、それは直接その人や物事に関係がなくてもいいのです。
氣づきとは自分自身のためのものだからです。
そのように考え、探してみることで気づけることも多くなるでしょう。
そうすれば日々の生活の中で少しずつでも行動に変化が出てくるはずです。
偶然やちょっと不思議なことの中にも実生活に役立つ行動や思考を変える氣づきのきっかけがあるのです。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(68)報われない思い

 私が真氣光を送っていると、氣を受けている人の口を借りて、その人とは全く別の魂が出てくることがあります。
私は、既に体を失っている彼らから、いろいろな事を学んできました。
そこでわかったことは、どのような気持ちになっていると魂が光を失い、苦しみのまま暗いところに存在しなければならなくなるのかということです。
だから、今のうちに少しでも、そのような気持ちを少なくしていくことが大事なことであり、その一つの目安として洗心の指標を紹介するようにしています。
先日会長セッションで、ある女性に氣を送っていた時のことです。
洗心にはない心の状態ですが「一生懸命やって来たのに誰も分かってくれなかった」と言いながら出てきた魂がいました。
憎しみや怒りなどの強いマイナスの氣ではないのですが、なかなか光が届かず直ぐには楽になれないようです。
誰にも理解されない、自分のしてきたことが何の意味もない、そのような気持ちが、激しさはないのですが魂の輝きを大きく失わせるのです。
氣を送るうちに、だんだんと自分で自分を認められるようになり、光が見えて来たと言って消えていったのです。
 報われない思いとはどういうものでしょうか?
人は何かを一生懸命にやったのにもかかわらず、周囲から認められなかった時、そのような思いにかられるのではないでしょうか。
それでは、その思いのまま亡くなってしまったらどうでしょう。
ずっとその思いは続き、さらに報われない時を過ごすことになるのです。
たとえ自分の思い通りの結果、生き方だったとしても誰かに認めてもらえなければ何か寂しく、すっきりとした気持ちにならないものです。
それはあまり意識することはないかもしれませんが、誰にでもあることで、また不満とも違っていて、少し悲しみを含んでいるのです。
ですからマイナスの思いではあるものの、非常に表に現れにくく、内に秘めた思いとして奥深くに持ち続けてしまうことになるのです。
そしてこれを現すことは、一つの恥であるという思いからも決して現そうとしない人達も多くいます。
しかし、このような現れにくいマイナスの思いにも光をあてなければいけません。
ともすれば激しいマイナスの思いに意識がいきがちですが、こうした良識あるものたちが陥りがちなマイナスの思いも、まだまだたくさんあり、光になる時を静かに待っているのです。
このような謙虚さゆえのマイナスの思いにも、もっと目を向けるべきであり、この思いに苦しんでいる人達はたくさんいます。
これからは、このような現れにくいマイナスの思いにも意識して光を送らねばと思ったのでした。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(67) 私が家を守ってきた

 私が真氣光を送っていると、あくびや咳、涙など氣を受けている人にいろいろな反応が出ることがあります。
時には、周りに来ていた霊的な存在が、その人の口を通して実際に「話す」というかたちで出てくることがあります。
ある時「この家をずっと守って来た」という、とても苦しそうな人が出てきたことがありました。
日本において昔は、家というものが、非常に大事なものでした。
私には、その魂が家を守るために自分を犠牲にして、かなり無理をしてきたのではないかと思われたのですが、そればかりではありませんでした。
代々その家の人達もこの魂に従うために、自由を奪われ、多くの犠牲を払って来たのでした。
その結果、「家」というカタチは続いてきましたが、代々続く家の中で多くの家族は苦しい人ばかりだったため、彼ら先祖の苦しみの影響で、今生きている人も家族関係が悪くなり、多くのストレスを抱えて生きることを余儀なくさせられているということでした。
その魂には、家を守るという信念があったわけですが、それは光にはならず、結果として子孫達を苦しめていたのです。
それが真氣光を受けるうちに自分の過ちに気がついて、光の世界が見えてきたと消えて行ったのでした。
信念を持って生きる事は、とても良いことです。
でも時として、それは我になってしまうことがあります。
信念を持ってそれを貫く生き方ができれば、どんなにかすばらしく、魂の成長も積み重ねられ、光り輝く方向に行くはずなのです。
「信念」と「我」を比べると、そうであると強く自分の意見や態度を示す点においては、とても似通っているのですが、その根源になっているものが全く違っているのです。
信念とは生きる上で決める指針のようなものであり、我とはただただ意固地になって周りに迷惑をかけてしまうことで、そこには目の前のマイナスのエネルギーと強く結びついてしまう危険性があるのです。
 だから何か強く自分の意見や意志を通さなければならない時、そう思った時には、なぜそうするのか、なぜそう思うのかを、良く考えてみることが必要です。
そして、その考えの基準は、世のため、人のためでなければ魂の成長にもならないばかりか、自らの我によって、マイナスのエネルギーに囲い込まれていくことになるのです。
まだはっきりとした信念が持てないということもあるかもしれません。
しかし、日頃から意識して事に当たっていると、必ず自分にあった信念が見つかるものです。
人は自分の為だけに生きるのではありません。
もっともっと意識を広げることが重要です。
宇宙からの真氣光のエネルギーが、それを助けてくれるのです。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]

(66)日本を敗戦国にしてしまった

 私が会長セッションで、ある人に真氣光を送っていたときのことです。
氣を受けるうちに、その人はみるみる苦しい表情に変わりました。
どなたか、辛い気持ちのまま体を失った魂の影響だと思い、私はさらに集中して氣を送りました。
魂に光が届くと、暗かった周りが次第に明るくなり、あるところから気持ちがどんどん楽になるのです。
 その時も、氣を受けるうちに苦しみが癒えてきたようで、言葉がしゃべれるようになったのでした。
聞き取りにくい声ですが、注意して耳を傾けると「日本を敗戦国にしてしまった」と言っています。
かつて戦争に導いたということで、戦犯として処刑された人々がいましたが、私はその関係の人のような気がしました。
ただ負けたことを悔やんでいるのかと思って聞いていると、どうやら日本が敗戦したことで欧米の考え方が主になってしまい、古き良き日本の強くて高い精神性がすっかり失われてしまったと嘆いていたのです。
真氣光を受けることで最後にその人は「今、私たちが力を貸さなければ・・・光の方に行く」と言って消えていきました。
あちらの世界から私たち日本人を見守ってくれていると思います。
 ところで、かつての日本には良いものがたくさんありました。
その一つに「修身」があります。
「修身」は、戦前の小・中学校の教科で、国民への道徳指導を目的としたものでした。
しかし、その内容に、天皇に対する忠誠心を育て、日本を軍国主義に導いてしまった要素が含まれているということで戦後GHQによって停止され、悪いものというレッテルが貼られてしまい、今ではすっかり人々の目には触れないものになってしまいました。
最近、『日本人の美徳を育てた「修身」の教科書』金谷俊一郎著・PHP新書(740円)という本が出版されました。
本の内容は「小学四年生の教科書より」から五年生、六年生までと三つに章分けして、昔の教科書から抜粋し後ろに解説がついています。
『初等教育の現場で教えられ受け継がれてきた、先祖代々素敵な「美徳」のお話を、再び不幸な戦争に導くことのないように細心の注意を払いながら』この本は執筆されたようです。
 これが小学生向けの内容かと思われるほど、大人の私が読んでも奥の深い話の数々で、中には読んでいて涙が出てくるものもありました。
昔から日本人は、このような美徳を大事にしてきたのです。
私たちの先祖は、体は無くても見えない氣のエネルギーとして存在しています。
私は本を読んでいて、「良いものは、しっかり伝えてほしい」という先人の声が聞こえるようでした。
(中川 雅仁)
[menu][次へ]