真氣光ビギナーに『い氣い氣ラジオ』

先日、鹿児島市での『中川雅仁の無料気功体験会』に来て下さったTさんご夫妻。
奥様は体験会に度々参加してくださっていますが、今回ご主人が体の不調もあり初めて参加されました。
ご主人は会長の生のお話を聞くのは初めてだったのですが、ご夫妻でビニールハウスでお仕事をするときに、奥様が『中川雅仁の今日も一日い氣い氣ラジオ』をスマホで流しながら、お仕事をされていたんですね。
おかげでご主人は、予め中川会長の話の予習ができていた状態。
当日もとても熱心に聴いてくださり、度々頷いていらっしゃったので成る程と思っていただいたのかも知れません。
午後からの真氣光セッションにも参加されました。
真氣光ビギナーには『い氣い氣ラジオ』はオススメですね。
(熊本センター 八木)

自分だけでやってるのは勿体ない!

先日、東京センターで長年の真氣光メンバーである恩田邦彦さんと久しぶりにお会いしました。
以前月刊ハイゲンキの「真氣光と共に10年」に掲載されたり、東京センターで太極気功十八式のセミナーやマジック教室も開催して頂いたり、最近はホームページ内のWEB限定記事「い氣い氣ピープル ハッピーライフ」にも活動の様子が載っています。
その太極気功十八式を今もずっと継続されて幾つかの公共施設で教えるだけでなく、お年寄りが転んでも骨折しないように正式な転倒防止体操を教わって一緒に指導されています。
マジックのほうも只の教室ではなく、笑い健康法の資格まで取って楽しさをミックス。
お話を聞きながら、今年80歳になられるのに殆どボランティアでされていて、「へ~、凄い!」と、恩田さんの熱意と行動力に敬服しました。
「こんなに素晴らしい太極気功十八式を自分だけでやってるのは勿体ない」というお言葉がその源になっているのだと実感しました。
恩田さんの活動にご興味を持たれたり、詳しくお知りになりたい方はWEB限定記事を是非ご覧ください。→ ki4all.
(本社 佐久間)

日々の生活に戻ってからも向き合っていきたい

京都研修講座を受講しました。
前日に新幹線の格安チケットで京都に到着し安ホテルに宿泊、このお陰で台風直撃を免れたのでした。
当日は東京からの新幹線は完全にストップ。
今思うと図られていたかのような幸運さでした。
台風の風雨が吹きすさぶ中、1日目がスタート。
参加者の皆さんはほとんどが関西のかた、誰かがボケるとたいてい突っ込みが入り(突っ込まれていることに気づかない私ですみません)、笑いの絶えない和やかな雰囲気でした。
初めて訪れた関西セミナーハウスは、とても素敵な施設で感動。
会場となるメインホールは両サイドが全面窓ガラス。
台風が去った後は綺麗な夕焼け色に変わり、うっとり。
2日目、3日目は静かな森の中で過ごしているかのようになり、いっそう集中することができました。
私自身の課題の一つであった、毎回の「氣の時間」と「石井先生の内観の講義」を『眠らずに受ける』ということをクリアーできたのが嬉しかったです(程度の低い課題ですみません)。
3日間で得た氣づきは、たくさんあり書ききれませんが、一つには「自分は、まだまだだなあ」ということでした。
集中して氣を受けた結果、さらなる課題を与えられました。
日々の生活に戻ってからも向き合っていきたいと思っております。
私がこの研修に受講できるよう助けて下さった皆さん(見えるかた、見えないかた)、感謝します。
(本社 齊藤)

ペプチミンフェアーを開催しています

 8月の真氣光研修講座は東京センターでの開催だったこともあり、いくつかの新しい試みができました。
一つには先々週のこのニュースでも紹介した真氣光バイオの経口補水ドリンクを提供できたことで、できるだけ多くの皆さんに知っていただけるようゲリラセールを開催しました。
二つ目には、先週紹介した真氣光PBAトップを研修期間中に発売したことです。
SAS3連ペンダントを紛失していた方がいて、早速その代わりに購入され最終日に氣の中継実習で使用できました。
三つ目には、昼食に「できるだけ真氣光のエネルギーが入っているものを!」ということで、ペプチミン入りのいろいろなメニューを提供できたことです。
エスエーエスのインスタグラムにもレシピが公開されていますので、興味のある方はご参照ください。
月刊ハイゲンキ5月号巻頭対談の誌面で紹介しました私の妹・由香子が、毎月東京センターで「しんきこうカフェ」を開催しております。
これらレシピはそちらで開発したものですが、そこで販売しているチョコレートケーキ「ブラウニー」にもペプチミン入りがあります。
私は、昔からペプチミンをそのまま口に流し込んでいますが、ある時期から飲んだ直後のあと味補正にチョコレートを口に入れていました。
ペプチミンとチョコレートが意外に合うということを実感していたところ、妹がブラウニーを作るというので「ぜひペプチミン入りで」と実現した次第です。

 ところで、真氣光バイオやペプチミンは、先代が考案したもので「お腹の中から氣を取り入れる」というコンセプトのもと開発された商品です。
気功という範疇で物事を考えると、どうしても体の外から氣を取り入れるということしか考えられません。
先代が凄いのは既成概念を取っ払い柔軟な発想で、体の中から氣を取り入れるものを作ったところです。
真氣光のエネルギーは、氣グッズやヘッドなどを体に当てることで、氣を取り入れられるけれど、先代は体験の中で、どうしても体の奥底には届き難いことを実感したのでしょう。
そこで、口から食道・胃や腸を通って肛門に至るまでの間、体の消化器を中心に体の内部に氣を充電させることを思いついたのです。
内臓に持病がある方はもちろん、健康な方も、特にこの季節は暑い夏で弱っている内臓に氣を補充することができます。
今回もペプチミンを多くの方に使っていただけるよう(これまでペプチミンのセールはしたことはありませんが)特別に急遽ゲリラセール第二弾ということでペプチミンフェアーを開催することにしました。
数量に限りがあり期間中であっても売り切れの際はご容赦いただきますので、お求めの際は必ずセンターにお問い合わせください。

新しい氣グッズ「真氣光PBAトップ」の発売

 昨日15日まで東京センターで2泊3日の真氣光研修講座を開催しました。
初めての方から、20年ぶりという方まで、いろいろな皆さんに集まっていただきました。
お陰様で、大盛況のうちに終えることができました。
ありがとうございました。
東京センターで開催するということもあって、日頃SASで使っている氣グッズを総動員して、参加者にたくさんの氣を受けていただけたように思います。
マイナスの氣がプラスに変わって、それがまた応援してくれるという、よい循環が生まれるのですから有難いことです。

 真氣光のポイントは、先代が夢で白髭の老人から、モノに真氣光の氣を記憶させる方法を教えられたことです。
特殊なマークや文字、特別な材料の利用など、それら氣を記憶させる方法のうちでも最も根本にあるのがSAS三連マークの利用だと言えるでしょう。

 今回、これを用いた新しい氣グッズ「真氣光PBAトップ」を、この研修期間中より発売しました。
長さ28mm外径8mm内径3mmの丸いパイプ状のアクリルにSAS三連マークを1000個刻印したエッチングシートを封入し樹脂で固めたモノです。
パイプのような形状ですので、紐やチェーンの長さを変えることで首に掛ければペンダント、手首に付ければブレスレット、足首ならアンクレットと、いろいろな利用方法でカタチが変わるので、その頭文字をとってPBAトップというわけです。
複数個を紐に通すこともできますから、自分の状態に合わせて中継量を大きくすることもできます。
円筒状のアクリルにエッチングプレートを封入するという構造は、真氣光プレートブースターと同じです。
1000個のSAS三連マークを利用しているものには、真氣光プレートがありますが、それを小さく低価格にして真氣光を始めて間もない方にも利用しやすくしたのです。

 私たちの先祖の中には、手足を酷使し、生活のために必死に働いてくれた多くの人がいることから、マイナスの氣の影響が手足に出る方も多いものです。
また、足を引っ張ると言いますが、邪魔をしたいマイナスの氣の中には、動けないようにしたり、文字通り「足」を引っ張り、事態を悪い方にむけさせることもあります。
SAS二連・三連ペンダントのように、身の周りに真氣光のエネルギーを集めるタイプの氣グッズですから、手や足につけるサポーター類や体に貼るシール類と併用することで、体の内部に多くの氣を取り入れやすくして効果を引き出します。
この真氣光PBAトップは、2個3個と少しずつ中継量を増やすこともできますし、今まで持っている自分のアクセサリーに組み合わせることもできます。
ぜひ、多くの方に利用していただきたいと思います。

ディズニー映画 「リメンバー・ミー」

 舞台はメキシコ。
1年に1度、死者の日に亡くなった人の魂が現世に帰ってきて再会するという、日本のお盆にとても近い概念のストーリー。
主人公はミュージシャンを夢見る少年ミゲル。
でも厳格な家族の掟によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。
それは、ひいひいじいちゃんが音楽家で、家族を捨てて音楽の道に行ってしまったから。
死者の日にミゲルは古い家族写真をみて、ひいひいじいちゃんが伝説のミュージシャンではないかと推測。
ひょんなことから、先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう!そこでひいひいじいちゃんは家族を捨てたわけではなく、家路につく途中に毒殺されたことを知る。
生きている家族は誰もこの事実を知らないから、ひいひいじいちゃんは家族から今だに恨まれ続け、祭壇に写真も飾ってもらえない。
唯一、憶えているひいばあちゃんがもうすぐ死を迎えようとしている。
生きている人全員から忘れられた時には死者の国からも魂は消滅してしまう。
この2度目の死を回避するには、ひいばあちゃんが死んでしまった人を忘れないこと。
「家族を不幸にしたことを恨んでも許さなくてもいいから、忘れないで。
忘れないでいてくれさえすれば、魂は生き続けられるから」と。
家族と先祖を忘れないことの大切さが絶妙に描かれた映画です。
レンタル中
(東京センター 高橋)
[menu][次へ]