「真氣光」とは

「真氣光」の歴史

  • 【1986年】先代中川雅仁が、夢で白髭の老人より、氣中継装置の構造を教わりハイゲンキを開発する。最初は何に使うか分からなかったというが、肩凝りや腰痛をはじめ難病で苦しむ人にまで、徐々にユーザが広まる。
  • 【1987年】先代が氣中継装置ハイゲンキに続き、夢で白髭の老人より氣の波動を植え付ける種々の方法を教えられ、各種氣グッズの開 発を始める。
  • 【1988年】12月23日の夜、白髭の老人より「おまえの手から氣が出る」と告げられ、たまたま24日にあったハイゲンキのセミナーに集まった人達に試してみる。 目を閉じて座る人達の体が、氣を受けて揺れる反応を見て、夢で見た事を確証し、その後ハイゲンキと手を併用して氣を送るようになる。
  • 【1989年】たくさんの人に手から出る氣を試すことで、自分が氣を貯めて出しているのではなく、宇宙からの氣を中継していることを実感する。さらに手から出る氣が、光のように写真に写ることがわかり、この氣のエネルギーを真氣光と名付ける。
  • 【1990年】再度夢で白髭の老人より「おまえと同じように皆が氣を出せるから、それを教えなさい」と言われ、3月より伊豆下田で1週間で氣が出せる講座(真氣光研修講座)を開講する。
  • 【1992年】現在の中川雅仁こと中川亘が真氣光研修講座を受講し、一年後にSASへの入社を決意する。
  • 【1995年】先代の中川雅仁が3月に脳溢血で倒れ7月に復帰する。復帰後、真氣光は病気治しだけが目的で はないことを各地で力説。12月に再度の脳溢血で倒れ11日逝去。その後すべてを中川亘が受け継ぎ二代目の中川雅仁として、毎月の研修講座開催と各地での セミナー及びセッションを始める。
  • 【2010年】3月で真氣光研修講座開催20周年(通算233回開催)達成。受講生のべ14,000人。ハイゲンキのユーザー数4万人。
  • 【2011年】ハイゲンキ、真氣光が始まって25周年を迎える。新しい氣中継装置「ハイゲンキ3型」を発売。